注目のアウトバウンド不動産投資やローランド投資。人口増加率の高さが顕著なアメリカでは住宅需要も安定的に拡大。広大な国土には東西南北に米国不動産投資の対象となる都市の数が多い巨大なマーケットです。海外不動産投資の情報やセミナー開催情報を発信。

幻冬舎MC新刊『戦略的アメリカ不動産投資』加熱する不動産投資市場――いま、富裕層を中心に注目を集める 日本よりも安心で安全な「アメリカ不動産投資」とは?

前のページへ戻る

幻冬舎MC新刊のご案内『戦略的アメリカ不動産投資』
加熱する不動産投資市場――いま、富裕層を中心に注目を集める 日本よりも安心で安全な「アメリカ不動産投資」とは?

情報通の富裕層に遅れをとるな!

日本以上に安心・安全

フェアで透明なアメリカ不動産の魅力から

いま、最も狙い目の地域までを徹底解説

  日本人の多くが将来の不安を打ち消すために、

  せっせと預貯金に励んでいます。

  今の日本は、将来に対する過度な悲観論がデフレマインドを

  助長し、本来あるべき経済の成長を押しとどめているように

  感じています。国の健全な経済の成長なくして

  人は幸せにはなれません。

  誤解を恐れずにいうと、いつまでも日本全体が

  「インフレを怖がっている」状態ではグローバルなこの時代を

  生き残っていくことはできないでしょう。

  ところが預貯金が大好きな日本人は、投資も消費もせず、

  円の残高ばかりを気にしています。投資と消費の停滞が

  デフレを一層加速させ、その結果として、自分たちの首を

  絞めていることに気づいていないのかもしれません。

一方で、私たちは義務教育の頃から英語を学び、身近に接してきました。

しかし、アメリカという国のことを本当によく知っている人はどれほどいるでしょうか?

ドルの預金を持っている人はどれほどいるでしょうか?

知らない人が多いということは、そこに必ずチャンスがあります。

アメリカの不動産取引の仕組みは日本以上にクリアで、

外国の投資家であっても対等な立場で勝負できる環境が整っています。

何よりアメリカは世界最大の市場であり、ドルは世界の基軸通貨です。世界中から投資家が参入しています。

この本では、不動産取引の専門家として、これまで30年以上にわたり培ってきたノウハウをもとに、アメリカ不動産投資の魅力を余すところなく解説していきます。

(「はじめに」より)

 

―――――――――― コンテンツ ――――――――――

★データ分析で判明!割安地域オハイオを狙え

★家賃収入を毎月3%上げるテクニック

★担保は現地物件!最新の融資スキームとは

★日米の税制を踏まえたタックスプランニング??????

 

<著者プロフィール>

井上由美子(いのうえ・ゆみこ)

株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 部長

宅地建物取引士

相続対策及び事業継承、不動産を活用したM&Aコンサルティング、

米国不動産の購入及びその融資斡旋など幅広い業務経験を持つ

「総合不動産コンサルティング」のプロフェッショナル。

圧倒的な不動産知識と、お客様のニーズにきめ細かく丁寧に対応するコンサルティング力は、

多くの方々から支持を得ている。企業研修等での講演実績多数。

2017年4月より現職。

判型:四六版

頁数: 206ページ

出版社: 幻冬舎 (2017/9/1発売)

ISBN-13: 978-4344913431

価格:1,400円(税抜き)

Amazon:http://amzn.asia/6kkHdL6

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
担当者名:プロモーション担当 津村・岡田
TEL:03-5411-6440
Email:gmc-promotion@gentosha.co.jp