Ahmed-Akbar-Sobhan 2

ランドバンキングで1,000億円儲けた男

途上国でのランドバンキング成功例 ランドバンキングは北米(アメリカ・カナダ)などで有名なビジネスですが、途上国でも成功した事例があります。 バングラデシュ人民共和国 Bashundhara Gloup http://ww…

ビジネスパートナー

なぜお金集めをするのか、ランドバンキングの疑問

ランドバンキング投資の場合、デベロッパーが有利条件で一般投資家を募り資金を集めます。 アメリカやカナダで行う事業を、遠路はるばる日本やその他海外に進出し、営業コストをかけてお金を集めるのはなぜなのか、疑問に思う方は多いと…

ローランド投資

ローランド投資とは何か

ローランド投資とは ランドバンキングの投資に絡み、「ローランド投資」という言葉も目にするようになってきました。 主に、最大手のアメリカウォルトン社などが日本にも、ローランド投資の紹介をスタートし、徐々に人気も高まって来て…

イーロン・マスク

イーロン・マスクが不動産にも革命をもたらす

ジョブズをも超える天才事業家として世間を賑わせている、イーロン・マスク。 PayPalの前進であるX.comを創業し金融革命を、スペースXを起業し宇宙開発の革命を、テスラ・モーターズにより自動車に革命をもたらしました。 …

当社初アメリカ西海岸 ワシントン州シアトル近郊における賃貸住宅開発事業「エステラパーク・プロジェクト」概要決定(ニュースレター)

当社初アメリカ西海岸 ワシントン州シアトル近郊における賃貸住宅開発事業「エステラパーク・プロジェクト」概要決定(ニュースレター) ■リンカーン社との米国不動産開発共同プロジェクト第五弾 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪…

原野商法

ランドバンキングと原野商法の違い

有望な投資対象の見極め ランドバンキングは主にアメリカ・カナダなどで行われる事が多い投資手法です。 かつて日本では原野商法と呼ばれ、人もインフラも来ないよう僻地や山林などを売る悪いビジネスが流行りました。 ではランドバン…

幻冬舎MC新刊『戦略的アメリカ不動産投資』加熱する不動産投資市場――いま、富裕層を中心に注目を集める 日本よりも安心で安全な「アメリカ不動産投資」とは?

幻冬舎MC新刊のご案内『戦略的アメリカ不動産投資』 加熱する不動産投資市場――いま、富裕層を中心に注目を集める 日本よりも安心で安全な「アメリカ不動産投資」とは? 情報通の富裕層に遅れをとるな! 日本以上に安心・安全 フ…

土地

郊外の不動産が動く?今後の不動産を占う

昨今、インターネットの発達により、我々一般投資家も多くの情報を得る事ができ、不動産投資はより身近なものとなっています。 日本だけみても、不動産投資専門サイトの会社が上場したり、ありとあらゆる場面で不動産投資のすゝめCMを…

アメリカ不動産セミナー

世界の不動産市場の透明性ランキング

治安の良さが世界一、おもてなしが世界一と言われる事も多い日本ですが、まだまだビジネスにおいては世界に遅れを取っている部分があります。 インターネットや人工知能の世界においては、日本の遅れが語られる事は多々ありますが、実は…

不動産

国外財産調書に注意!海外投資のデメリット

日本では、インターネットによる情報普及により、日々海外との接点が増えハードルが下がっています。 かつて途上国と思っていた国も、日本が不況にあえぐ20年の中で近代化し、目覚ましい成長を遂げています。そんな中、民主党政権化に…

[速報-商業用不動産投資額2017年第1四半期]世界は前年同期比2%減の1,340億ドル 日本は16%増の111億ドル(円建てで15%増の1兆2,600億円)

商業用不動産投資額 東京 2017年4月20日 – 総合不動産サービス大手のJLL(本社: 米国シカゴ、CEO: クリスチャン・ウルブリック、NYSE: JLL、以下: JLL)がまとめた投資分析レポートによると、201…

暗躍する地面師

暗躍する地面師とは

2020年の東京オリンピック決定から、都内を中心に土地が大幅に値上がりを続けています。 その過程で、土地売買に関わるトラブルや事件が多発しています。 そこで最近にわかに騒がれているのが「地面師」という存在です。 地面師と…