Ahmed-Akbar-Sobhan 2

ランドバンキングで1,000億円儲けた男

途上国でのランドバンキング成功例 ランドバンキングは北米(アメリカ・カナダ)などで有名なビジネスですが、途上国でも成功した事例があります。 バングラデシュ人民共和国 Bashundhara Gloup http://ww…

地目変更による不動産投資

地目変更による不動産投資

日本における不動産投資と土地開発ビジネスの違い 日本では不動産投資といえば、ローンを引いてマンションを買う、ローンを引いてアパートを建設する手法が一般的です。 よりセミプロになると、任売物件(何らかの理由で差し押さえにな…

為替

投資イコール融資 ランドバンキングの本質を考える

投資についての考え方 日本は投資・金融のリテラシーが低いと言われる国です。 事実そうなのかは別として、もし投資・資産運用に慣れていない方がいれば、投資における分かりやすい考え方があります。 投資とはそもそも、「企業に対す…

土地

不動産投資を成功させる簡単な方法

不動産投資は様々なやり方と、数え切れないほどの物件があります。 その中で、しっかりと利益を得られる不動産を買うことは容易ではありません。 人気がある物件ほど高く、安い物件ほど人気がない、経済原理が働く中では当然の動きであ…

ビジネスパートナー

なぜお金集めをするのか、ランドバンキングの疑問

ランドバンキング投資の場合、デベロッパーが有利条件で一般投資家を募り資金を集めます。 アメリカやカナダで行う事業を、遠路はるばる日本やその他海外に進出し、営業コストをかけてお金を集めるのはなぜなのか、疑問に思う方は多いと…

ローランド投資

ローランド投資とは何か

ローランド投資とは ランドバンキングの投資に絡み、「ローランド投資」という言葉も目にするようになってきました。 主に、最大手のアメリカウォルトン社などが日本にも、ローランド投資の紹介をスタートし、徐々に人気も高まって来て…

ポートフォリオ2

ランドバンキングは余裕資金で気長に

ランドバンキングの最大のデメリットは、最後の転売まで一切利益を生まないという点です。 大体が早くても2-3年かかるプロジェクトですので、急な資金が必要になっても現金化が難しくなります。 名義変更や転売が可能だとしても、最…

イーロン・マスク

イーロン・マスクが不動産にも革命をもたらす

ジョブズをも超える天才事業家として世間を賑わせている、イーロン・マスク。 PayPalの前進であるX.comを創業し金融革命を、スペースXを起業し宇宙開発の革命を、テスラ・モーターズにより自動車に革命をもたらしました。 …

原野商法

ランドバンキングと原野商法の違い

有望な投資対象の見極め ランドバンキングは主にアメリカ・カナダなどで行われる事が多い投資手法です。 かつて日本では原野商法と呼ばれ、人もインフラも来ないよう僻地や山林などを売る悪いビジネスが流行りました。 ではランドバン…

海外不動産

先進国且つ大手企業のランドバンキング以外は難しい

土地取引の信用とリスク 投資を行うにあたって、物件の確かさを確認するのは最低限必要ですが、残念ながらランドバンキングは事業投資という性質上、その担保、判断をする事が出来ません。 販売企業やエージェントがどれほど良い方であ…

土地

郊外の不動産が動く?今後の不動産を占う

昨今、インターネットの発達により、我々一般投資家も多くの情報を得る事ができ、不動産投資はより身近なものとなっています。 日本だけみても、不動産投資専門サイトの会社が上場したり、ありとあらゆる場面で不動産投資のすゝめCMを…

シェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーは不動産にも訪れるのか

シェアリングエコノミーは土地にも影響するか インターネットの発達、文明の成熟により、物を所有する事に価値を見出さない人が世界的に増えています。 QOL(クオリティオブライフ)を突き詰めると物質的な幸福度はすぐに限界を迎え…