注目のアウトバウンド不動産投資やローランド投資。アメリカは広大な国土には東西南北に米国不動産投資の対象となる都市の数が多い巨大なマーケットです。海外不動産投資の情報やセミナー開催情報を発信。

近鉄不動産がベトナム・ハノイにおける分譲住宅  開発事業の展開について ~海外での分譲住宅開発事業に初参画~

前のページへ戻る

近鉄不動産株式会社(本社:大阪市天王寺区/取締役社長:善本 烈)は、三菱商事株式会社とベトナムの大手不動産デベロッパーであるBitexco Group of Companies(以下、 Bitexco社)が同国ハノイで進めている分譲住宅開発事業(以下、本プロジェクト)に参画するため、三菱商事株式会社が設立した本件事業用投資会社TMCP Investment Pte.Ltd.(本社:シンガポール、以下、TMCP社)に対し、関電不動産開発株式会社(本社:大阪市北区/代表取締役社長:勝田 達規)と共に出資することとしましたので、お知らせします。なお、本プロジェクトが、当社として初の海外での分譲住宅開発事業となります。

本プロジェクトは、ハノイ中心部から南西に約8kmのホアンマイ区他において、 Bitexco社が進める住宅、商業、オフィス、学校、スポーツ施設等の大規模複合開発事業であるThe Manor Central Park(以下、TMCP)プロジェクトのうち、第一期計画となる低層棟240戸、高層棟2棟874戸を供給しようとするものです。

当社は、今後、本プロジェクトを推進するとともに、ベトナムや近隣のASEAN諸国など市場調査を進め、海外事業を本格的に展開してまいります。

※TMCPプロジェクト・・・90haにわたる計画面積であり、政府による一体整備が

計画されている公園の面積100haを加えると、ハノイ最

大の不動産事業となります。

分譲住宅開発においても低層棟約1,000戸、高層棟17棟・

約7,700戸と最大規模の計画です。

                    【TMCPプロジェクト全体イメージパース(夜景)】

【本プロジェクト概要】

所在地   :ベトナム社会主義共和国ハノイ市ホアンマイ区
敷地面積  :低層棟21,109平方メートル、

高層棟7,644平方メートル(2棟合計)
建物面積  :低層棟78,852平方メートル、

高層棟60,843平方メートル(2棟合計)
総戸数   :低層棟240戸、高層棟874戸(2棟合計)

スケジュール:着工/低層棟2017年8月、高層棟(1棟目)2018年3月
(予定)    竣工/低層棟2018年10月、高層棟(1棟目)2021年10月

【事業スキーム】

※Bitexco社
会社名   :Bitexco Group of Companies
設 立   :1993年
本 社   :ベトナム社会主義共和国
代表者   :Vu Quang Hoi , Chairman
事業内容  :不動産開発、水力発電、インフラ(高速道路等)、飲料水、

資源開発等

                 【位置図】

【高層棟イメージパース】

【低層棟イメージパース】

         【TMCPプロジェクト全体イメージパース】